訪問看護(訪問リハビリ)

事業の目的

訪問看護(訪問リハビリ)は、介護保険法関係法令の趣旨に従って、主治医の指示と居宅計画サービスに基づき、
適正な訪問リハビリテーションサービス(動作訓練、住宅環境設定、介護者への指導等)を提供し、
日常生活動作の維持及び回復を図るとともに、生活の質の確保を重視した在宅療養が継続できるように支援することを目的としています。

 

 

 

運営方針

事業所の理学療法士又は作業療法士又は言語聴覚士は、利用者の心身の特性を踏まえて、可能な限りその居宅において、
その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、
居宅において必要なリハビリテーションを行うことにより、心身の機能の維持回復を図る。
事業の実施に当たっては、関係市町、地域の保健・医療・福祉サービスの提供主体との綿密な
連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。

 

サービス概要

◎訪問看護(訪問リハビリ)計画の作成
◎身体機能に対する運動療法(関節可動域の拡大、筋力強化など)
◎日常生活の動作練習(寝返り、起き上がり、歩行、入浴動作、トイレ動作など)
◎住環境の整備(福祉用具の選定、住宅改修のアドバイス)
◎ご家族への介助指導
◎ご本人、ご家族の健康管理と精神的サポート
  • 訪問看護(訪問リハビリ)
  • 訪問看護(訪問リハビリ)
  • 訪問看護(訪問リハビリ)

主なサービス内容

  • リハビリマネジメント

    訪問リハビリテーション計画の作成
    定期的に、ご本人、ご家族、医師、リハビリ関連スタッフでリハビリ会議を開催し、最適なリハビリテーション計画の修正検討を行ないます。
  • 生活リハビリ

    リハビリスタッフの指示のもと、自宅での生活に合わせて、歩行や起き上がり、立ち上がり等の日常生活に必要なリハビリテーションを行い、運動機能の向上を目指します。。
  • 住環境の整備

    住環境の整備

    福祉用具の選定や住宅改修のアドバイスを行ない在宅での日常生活をしやすくする。

ご利用対象者

要支援・要介護と判定された方
通院が困難や退院後などで自宅でリハビリを受けたい方
日常生活動作の練習が必要な方(歩行、食事、トイレ、入浴など)

ご利用までの手順

 

受付

入所をご希望される方は、介護支援相談員(ケアマネージャー)か居宅介護支援事業所とご相談の上、お申込みください。予めご連絡をいただき、日時を決めてご本人とご相談いたします。
ご相談・施設見学は、随時受付けております。お気軽にお問合せください。
TEL:0859-42-3190 (受付時間/8:30~17:30)

事前訪問

入所希望者のご様子をうかがいに専門員がご自宅等を訪問します。

面談

介護支援相談員(ケアマネージャー)、ご本人またはご家族と面談し、ケアプランを作成します。

計画書作成

ケアプランに基づいて計画書を作成します。

通所開始

計画書に沿ってサービスを開始します。

  • 採用情報